ショタステーション^д^


クガエル


 
 
 
 
題名 要04 -かなめ- [ヤドクガエル]
[ヤドクガエル] の【要04 -かなめ-】
[ヤドクガエル] の【要04 -かなめ-】 [ヤドクガエル] の【要04 -かなめ-】 [ヤドクガエル] の【要04 -かなめ-】

女装姿で犯されるのを好む要(かなめ)くん 今回は痴漢をしてきたおっさんを誘いだしてトイレで事に及ぼうとするも 身体を弄りまわされ、こなれた相手の手練にあっという間に牝の顔に堕ちてしまう

 
 
 
 
題名 夏のたけなわ [ヤドクガエル]
[ヤドクガエル] の【夏のたけなわ】
[ヤドクガエル] の【夏のたけなわ】 [ヤドクガエル] の【夏のたけなわ】 [ヤドクガエル] の【夏のたけなわ】
 
 
 
 
題名 清泉寮 207号 [ヤドクガエル]
[ヤドクガエル] の【清泉寮 207号】
[ヤドクガエル] の【清泉寮 207号】 [ヤドクガエル] の【清泉寮 207号】 [ヤドクガエル] の【清泉寮 207号】

学生寮である清泉寮の207号室 瑞希(みずき)は普段生意気な態度を取ってくる後輩だが同室の先輩の趣味に流され、 表面上は嫌がっているものの普段から女装での行為に及んでいる ある日こっそりと相手がいない間に女ものの水着で自慰に及んでいるところをみつかり、 そのときも表面上は嫌がるものの徐々に流されしおらしい顔を覗かせる

 
 
 
 
題名 要03 -かなめ- [ヤドクガエル]
[ヤドクガエル] の【要03 -かなめ-】
[ヤドクガエル] の【要03 -かなめ-】 [ヤドクガエル] の【要03 -かなめ-】 [ヤドクガエル] の【要03 -かなめ-】

ネットで相手をさがしては女装姿で犯されるのを好むという要(かなめ)くん 今回は相手の趣味で半ば強引にメイド服を着るはめになり 服越しに乳首をいじりられたり不本意なセリフをいわされたり自分のペースをみだされることにいらだちつつも 次第に口からは喘ぎがこぼれ出す

 
 
 
 
題名 白泉と墨染 階段下隠情事 [ヤドクガエル]
[ヤドクガエル] の【白泉と墨染 階段下隠情事】
[ヤドクガエル] の【白泉と墨染 階段下隠情事】 [ヤドクガエル] の【白泉と墨染 階段下隠情事】 [ヤドクガエル] の【白泉と墨染 階段下隠情事】

蛤楼という娼館に置かれている少年男娼”白泉”は、ひたすら客をとらされ、身体を貪られる日々に疲れ かつて一度客に強いられまぐわった、同じく男娼である”墨染”にすがりつく。 当初墨染は白泉を拒むものの焦燥した様子に放っておけず 店の裏階段下で男娼同士では御法度の行為を店の者に見つからないよう、息をひそめて慰め合う

 
 
 
 
題名 要02 -かなめ- [ヤドクガエル]
[ヤドクガエル] の【要02 -かなめ-】
[ヤドクガエル] の【要02 -かなめ-】 [ヤドクガエル] の【要02 -かなめ-】 [ヤドクガエル] の【要02 -かなめ-】

ネットを介して出会った女装姿で犯されるのを好むという要(かなめ)くん。 指定の公園にてかわいいとおだてる男との会話もそこそこに、余裕の態度でイチモツを舐めしゃぶるも挿入をじらされ、いざ尻穴を貫かれると雌顔を晒して喘ぎよがりだし―

 
 
 
 
題名 白泉と墨染 階段下隠情事 [ヤドクガエル]
[ヤドクガエル] の【白泉と墨染 階段下隠情事】
[ヤドクガエル] の【白泉と墨染 階段下隠情事】 [ヤドクガエル] の【白泉と墨染 階段下隠情事】 [ヤドクガエル] の【白泉と墨染 階段下隠情事】

蛤楼という娼館に置かれている少年男娼”白泉”は、ひたすら客をとらされ、身体を貪られる日々に疲れ かつて一度客に強いられまぐわった、同じく男娼である”墨染”にすがりつく。 当初墨染は白泉を拒むものの焦燥した様子に放っておけず 店の裏階段下で男娼同士では御法度の行為を店の者に見つからないよう、息をひそめて慰め合う

 
 
 
 
題名 要 -かなめ- [ヤドクガエル]
[ヤドクガエル] の【要 -かなめ-】
[ヤドクガエル] の【要 -かなめ-】 [ヤドクガエル] の【要 -かなめ-】 [ヤドクガエル] の【要 -かなめ-】

娼館「蛤楼」に置かれている少年”白泉”と”墨染” そりの合わない両人だったが無理に2人もの客をとらされている白泉の部屋を訪れた墨染は その負担を減らすべく客を受け入れ、互いの目の前でそれぞれ犯され弄ばれる。 さらなる趣向として白泉と墨染2人での行為を強要されるも、 2人は次第に快楽に染め上げられ、何度も何度も腰をうちつけ さらには客のイチモツを受け入れて乱れに乱れてしまうのだった。

 
 
 
 
題名 墨染 梅花 [ヤドクガエル]
[ヤドクガエル] の【墨染 梅花】
[ヤドクガエル] の【墨染 梅花】 [ヤドクガエル] の【墨染 梅花】 [ヤドクガエル] の【墨染 梅花】

娼館”蛤楼”に置かれている少年「墨染」は蛤楼が行っている商売の一環として寺への行商へ赴かされる。 当初は嫌々であったがそこでの小さな喜びをみつけ、今ではそれを楽しみとしていた。 しかしそこの若い僧侶に目をつけられ、ある日茂みに連れ込まれ、2人がかりで無理やり股をひろげさせられる。 抵抗をゆるされず腕をひねり上げられ、猿轡をかまされ、慣らされてもいないまま―

 
 
 
 
題名 白泉と墨染 [ヤドクガエル]
[ヤドクガエル] の【白泉と墨染】
[ヤドクガエル] の【白泉と墨染】 [ヤドクガエル] の【白泉と墨染】 [ヤドクガエル] の【白泉と墨染】

娼館「蛤楼」に置かれている少年”白泉”と”墨染” そりの合わない両人だったが無理に2人もの客をとらされている白泉の部屋を訪れた墨染は その負担を減らすべく客を受け入れ、互いの目の前でそれぞれ犯され弄ばれる。 さらなる趣向として白泉と墨染2人での行為を強要されるも、 2人は次第に快楽に染め上げられ、何度も何度も腰をうちつけ さらには客のイチモツを受け入れて乱れに乱れてしまうのだった。

 
 
 
 
題名 白泉 [ヤドクガエル]
[ヤドクガエル] の【白泉】
[ヤドクガエル] の【白泉】 [ヤドクガエル] の【白泉】 [ヤドクガエル] の【白泉】

少女のような愛らしい顔立ちで人気を得ている娼館「蛤楼」の少年白泉 その日はずいぶんと金を持っている客に買われ、いつも以上に長時間 延々と弄ばれる 股関まさぐられ小さな乳首をいじられ、さらにはイチモツを縛りあげられたままさんざんに尻穴を突き上げられ― 縛りあげられて、イくことのできない苦しさの中、客のために必死に尻を振らされる白泉 それは白泉が気絶するまでつづけられるのだった―

 
 
 
 
題名 墨染 [ヤドクガエル]
[ヤドクガエル] の【墨染】
[ヤドクガエル] の【墨染】 [ヤドクガエル] の【墨染】 [ヤドクガエル] の【墨染】

娼館「蛤楼」の少年 墨染は日々意にそぐわぬ客をとらされている 今日も中年客の相手をいやいやながらもすることになるが上も下も犯され次第に快楽に流されて… 着物姿のナマイキ男の娘が乱れる様をお楽しみください

 
 
 
 

inserted by FC2 system