ショタステーション^д^


Russia cake


 
 
 
 
題名 ぼくさきゅ [Russia cake]
[ろしあけーき] の【ぼくさきゅ】
[ろしあけーき] の【ぼくさきゅ】 [ろしあけーき] の【ぼくさきゅ】 [ろしあけーき] の【ぼくさきゅ】

未熟のため女冒険者に舐められっぱなしで、一刻も早く立派な魔族になりたいという悩みを幼馴染のサキュバスに相談したところ、クイーンの魔力が込められたサキュバスの服に着替えさせられるインキュバス。そのほとんど身体が隠れない衣装に戸惑いながらも、さっそくやってきた男冒険者に誘惑をかけてみると思いのほか効果があって――。胸の突起をちゅvちゅうvと吸われ、男の子のしるしをちゅこっちゅこっとしごかれ、ずいっと突き出された立派な若いオスを頬張ってほっぺの裏でぷにぷにしたりみちちちちちと初穴に挿れられてしまったりしちゃいます。

 
 
 
 
題名 だんじょんえっち [Russia cake]
[ろしあけーき] の【だんじょんえっち】
[ろしあけーき] の【だんじょんえっち】 [ろしあけーき] の【だんじょんえっち】 [ろしあけーき] の【だんじょんえっち】

酔いつぶれていたマーリンを担いで酒場を出たトレジャーハンター。ズルズルと引きずりながら歩いていると、酩酊していたはずのマーリンに不意に腕をつかまれ路地裏に連れ込まれちゃいます。ここでは誰か来るかもしれないということでダンジョンに場所を移して――。ぴらっと服をまくり上げて艶めいた褐色肌をなぞり、くちびるをついばみながら小ぶりなおしりに指を這わせるとぎゅううっと抱きついてきちゃうのがかわいいです。きゅっと締まっている入り口に割り込みパチュッパチュッとえっちな濡れ音を立てながら一緒に気持ちよくなっちゃいましょう。

 
 
 
 
題名 わたしたちはオナニステッドボディと呼んでいる [Russia cake]
[ろしあけーき] の【わたしたちはオナニステッドボディと呼んでいる】
[ろしあけーき] の【わたしたちはオナニステッドボディと呼んでいる】 [ろしあけーき] の【わたしたちはオナニステッドボディと呼んでいる】 [ろしあけーき] の【わたしたちはオナニステッドボディと呼んでいる】

レドを確保するため、エイミーの言葉をヒントに陸の技術を使うことを思いついたリーマ。さっそく薄暗い倉庫にレドを呼び出し、オナニステッドボディと呼ぶ道具の研究協力を求める――。潤滑剤をとろーっと滴らせて馴染ませ、「そんな狭い隙間に入るとは思えない!」と戸惑うレドにかまわず宇宙少年茎にぴたっ…とあてがいちゅぷにゅぷぷぷぷぷちゅっと挿入させちゃいます。まるで生き物の粘膜に包まれているような今までに知らない感触にガクガクと身体を震わせ、陸地国家の誇る高度な技術にフーッvフーッvと息を荒くしていくのをお楽しみください。

 
 
 
 
題名 ぜんぶニンゲンのしたこと [Russia cake]
[Russia cake] の【ぜんぶニンゲンのしたこと】
[Russia cake] の【ぜんぶニンゲンのしたこと】 [Russia cake] の【ぜんぶニンゲンのしたこと】 [Russia cake] の【ぜんぶニンゲンのしたこと】

レドに届けた手紙が急ぎの仕事についてだったらしく、空飛ぶユンボロに関わることかもとこっそり尾行するリーマ。人気のない場所と辿り着いたレドが海面に向かって何か話すとクジライカが姿を現し、さらには粘液にぬめる太い触手にくちづけて――。無駄のない成長途中の裸体を晒しクジライカと交わっていくのをドキドキしながら覗き見ちゃいましょう。先っぽがぱんぱんの触手を舐め上げてびゅぷっと噴き出す粘液を頭から浴び、図太いのがプププ…プンッと入り込んでたぱったぱったぱんっと責め立てられ、こわれそうな激しさで突きまくられちゃいます。

 
 
 
 
題名 刀剣男士とか知らないがたぶん全員抱いたぞ [Russia cake]
[Russia cake] の【刀剣男士とか知らないがたぶん全員抱いたぞ】
[Russia cake] の【刀剣男士とか知らないがたぶん全員抱いたぞ】 [Russia cake] の【刀剣男士とか知らないがたぶん全員抱いたぞ】 [Russia cake] の【刀剣男士とか知らないがたぶん全員抱いたぞ】

三日月の太くて強靱な刀を息を荒くしながら二人一緒に舐め上げ、「どっちのほうがじょうず?」と訊く蛍丸と薬研。するとそこへ当番をすっぽかしたと思われていた歌仙が現れ……。自分を待ってくれず二人と愉しんでいたことにちょっぴり拗ねつつも、三日月に抱きすくめられ、準備済みの淫鞘の中に深く激しく出し挿れされてとろけちゃうのをどうぞ。そんな三日月と歌仙にガマンできなくなった蛍丸と薬研も、この時のために毎日自分の指でほぐしていた小壺にうずめ込んでもらったり、下から突き上げられて華奢な身体をガクガクふるわせたりしちゃいます。

 
 
 
 
題名 わたしが宇宙人に興味を持たずにはいられない10の理由(10言うとは言ってない) [Russia cake]
[Russia cake] の【わたしが宇宙人に興味を持たずにはいられない10の理由(10言うとは言ってない)】
[Russia cake] の【わたしが宇宙人に興味を持たずにはいられない10の理由(10言うとは言ってない)】 [Russia cake] の【わたしが宇宙人に興味を持たずにはいられない10の理由(10言うとは言ってない)】 [Russia cake] の【わたしが宇宙人に興味を持たずにはいられない10の理由(10言うとは言ってない)】

レドについて研究すれば空飛ぶユンボロの謎を解き明かせるはずと考えたリーマは、コックピットや神経接続の説明だけでは満足せず「レドさん自身にも興味があるんです」と言って身体検査をさせてもらうことに。両手足をシートにがっちり縛りつけてあちこちまさぐり、えっちなおもちゃをつけて放置したり、ナマコのような自信作をぼるんっと取り出してうずめ込んだり。グロテスクなメカで好き勝手に内奥を掻き回され、胸の突起もミニスクリューの回転で責め立てられ、自分のより大きくてたくましいのをぶち込まれてオンナノコにされちゃうレドをどうぞ。

 
 
 
 
題名 イナホでスれいん? [Russia cake]
[Russia cake] の【イナホでスれいん?】
[Russia cake] の【イナホでスれいん?】 [Russia cake] の【イナホでスれいん?】 [Russia cake] の【イナホでスれいん?】

とどめを刺されるかと思いきや急所を外し、ゆらりと近づいてくるスレインを訝しむ伊奈帆。するとスレインは鋭い破片で伊奈帆のズボンを切り裂いて恥部を露わにさせ、口に押し込めてねぶらせた銃身をぴとっとあてがうと、そのまま無理矢理ねじ込んじゃいます。銃口の上にあるフロントサイトでゴリッと内奥を刺激され、まもなく伊奈帆自身も硬く勃ち上がっていく――。その様を見て興奮し、ふーふーと荒い息のスレインも下半身を剥き出しにして伊奈帆のガチガチのを自分の中にぬぬぬぬと導き挿れ、悦楽と狂気の挾間に堕ちていくのをお楽しみください。

 
 
 
 
題名 ご注文は宇宙人ですか? [Russia cake]
[Russia cake] の【ご注文は宇宙人ですか?】
[Russia cake] の【ご注文は宇宙人ですか?】 [Russia cake] の【ご注文は宇宙人ですか?】 [Russia cake] の【ご注文は宇宙人ですか?】

レドが郵便物ではなく自分自身を届けるお仕事を始めたと知ったジョーは咎めるものの、本人は気にすることなくジョーを相手に初めての実地研修を始めちゃいます。しかしうまくいかず、この仕事も適性がないのかと落ち込んでしまったレドを慰めながらお手本をしてあげると、とろんとした顔になって――。さらに目隠しをさせて電マをヴィィィィィヴヴヴヴヴと押し当ててみたり、おしりにぬぬぬっぷちゅんっと奥まで押し込んだのを手を使わせずにひり出させてみたり。とろとろひくひくの入り口に先っぽをぐりぐりされてガマンできずに求めてくるのもぜひ。

 
 
 
 
題名 キミとめぐる航路 [Russia cake]
[Russia cake] の【キミとめぐる航路】
[Russia cake] の【キミとめぐる航路】 [Russia cake] の【キミとめぐる航路】 [Russia cake] の【キミとめぐる航路】

いつもイチャついていながら男と女としてはまだ何もしていないことをピニオンに驚かれ、そそのかされてエイミーに直球を投げてしまうレド。ほとんど暴投をぶつけられたエイミーは「私たちにはまだ早いよ!」と拒むものの、がっかりするレドを見ていられずに「ごっこならしてもいいよ…?」と言って――。何の知識もないレドにいろいろと教えてあげながらドキドキのごっこをしちゃいましょう。ふにっふにっふにっと揉んであげると快感の吐息を漏らし始め、お互いのえっちなところをちゅっちゅっちゅっとこすり合わせて一緒に気持ちよくなっちゃいます。

 
 
 
 
題名 アヴァロンイっちゃいました! [Russia cake]
[Russia cake] の【アヴァロンイっちゃいました!】
[Russia cake] の【アヴァロンイっちゃいました!】 [Russia cake] の【アヴァロンイっちゃいました!】 [Russia cake] の【アヴァロンイっちゃいました!】

軍務時間が規定に達し、アヴァロンへの渡航滞在権を手に入れたレド。するとクーゲルも休暇を使って一緒に行くことに。初めて訪れる理想郷に圧倒されどうしていいかわからずにいるレドに、クーゲルはおもむろに近づくとくちびるを重ねて……。唐突な自由に戸惑っているレドを優しく導いてあげましょう。太ももですりっすりっとしたり、こりこりと硬くなってきたのをかりっと甘噛みしたり、じゅるるると吸い立てながら未開穴につぷっと指を挿れてみたり。やがて恥ずかしがりながらももぞっとおしりを向けて求めてくるレドのいじらしさがたまりません。

 
 
 
 
題名 おねがいみつかいさま! [Russia cake]
[Russia cake] の【おねがいみつかいさま!】
[Russia cake] の【おねがいみつかいさま!】 [Russia cake] の【おねがいみつかいさま!】 [Russia cake] の【おねがいみつかいさま!】

クーゲルを説得するため、ピニオンの提案によりかわいい踊り子の姿になって直談判しにきたレド。しかしクーゲルはそのレドのあられもない姿を見て地球人類に完全に洗脳されてしまったと思い込み、荒療治を施すことに。脈の浮かぶ太いランスライフルをぺろぺろとねぶらせたり、おしゃぶりしているうちに反応し始めたしるしを足でぐりぐりと踏みつけたり、指でにゅぷにゅぷぷちゅぷちゅとほぐしたうぶ穴に無理矢理ねじ込んだりしてしっかりと啓蒙してあげてください。激しくされてだんだんと快感が押し寄せ、自分からおねだりまでしちゃうレドをぜひ。

 
 
 
 
題名 親方!宇宙からオトコノコが! [Russia cake]
[Russia cake] の【親方!宇宙からオトコノコが!】
[Russia cake] の【親方!宇宙からオトコノコが!】 [Russia cake] の【親方!宇宙からオトコノコが!】 [Russia cake] の【親方!宇宙からオトコノコが!】

レドと話しながら「自由」についての認識が大きく異なることに驚くジョー。生殖の自由さえも制限されていた宇宙少年にはその知識もなく、どこかズレた感のある彼に成り行きで手ほどきしてあげる事態に。まだ成長途中の身体を引き寄せ、胸の突起を愛撫したり、握らせてだんだんと硬さを増してきたのを舐めさせたり。ジョーのを口で気持ちよくしている間にぴんぴんになってしまい、隙間に舌先をねじ込まれながらズルッと剥かれ、初めて達してとろんとした表情になっちゃうのもたまりません。コドモを欲しがるレドにしっかり種付けしちゃいましょう。

 
 
 
 
題名 こころぷらすぱわーど [Russia cake]
[Russia cake] の【こころぷらすぱわーど】
[Russia cake] の【こころぷらすぱわーど】 [Russia cake] の【こころぷらすぱわーど】 [Russia cake] の【こころぷらすぱわーど】

日常生活では得にくいという機械化融合の感覚を体験するため、それに近いとされる行為をクーゲルに頼むレド。クーゲルは思いとどまらせようとするものの、あまりに純粋すぎるレドの頼みを断ると他の教官に向かいかねない勢いで、仕方なく自分の待機室に連れてきちゃいます。完全に信頼しきっている眼差しを向けられ、意を決したクーゲルはレドの引き締まった腹部をなぞり、胸の突起をいじり、さらには誰も触れたことがないであろう初穴を指でほぐし……。何も知らない無垢なレドにいろいろと教え込み、一つに融合する感覚を共有しちゃいましょう。

 
 
 
 
題名 チキュウノアタリマエ [Russia cake]
[Russia cake] の【チキュウノアタリマエ】
[Russia cake] の【チキュウノアタリマエ】 [Russia cake] の【チキュウノアタリマエ】 [Russia cake] の【チキュウノアタリマエ】

仕事が早く片付き、銭湯でひとっ風呂浴びて帰ろうとしたピニオン。すると脱衣所でレドとジョーの服を見かけ、意外に思いながら入るとなんとジョーがレドのをしこしこくちゅくちゅとしてあげている最中で――。それでもかまわず続ける二人に呆れながらも、レドの艶やかな声にピニオンも思わずタオルの下でぶっといスパナをガチガチにしちゃいます。それに気づいたジョーに促され、ピニオンのにご奉仕するいじらしいレドをお楽しみください。さらにジョーとピニオンの同時挿入できつきつきゅんきゅんのとろ穴をみちみちと拡げられちゃうのも必見です。

 
 
 
 
題名 同盟戦士だったが×××に風土病を受けてしまってな [Russia cake]
[Russia cake] の【同盟戦士だったが×××に風土病を受けてしまってな】
[Russia cake] の【同盟戦士だったが×××に風土病を受けてしまってな】 [Russia cake] の【同盟戦士だったが×××に風土病を受けてしまってな】 [Russia cake] の【同盟戦士だったが×××に風土病を受けてしまってな】

風土病により隔離されたクーゲル。もう彼に触れてもらえないのかと切なさを覚えたのと同時にぴんと硬くなったレドは、風土病の症状ではと焦り――。そんな無垢なレドにクーゲルが大人の男の責任として解消法を教えちゃいます。今までにしたことがなくうまくできないのを見かねて実演したり、それでもなかなか達せずにもどかしくて仕方がないレドが発情しきった顔で求めてきたり。そこでチェインバーとストライカーの疑似パーツを通じて、くぱっといやらしく開いた初穴にぐぷぐぷとうずめ、ぴんぴんのマスドライバーから初発射をさせてあげましょう。

 
 
 
 

inserted by FC2 system