ショタステーション^д^


こつ紀


 
 
 
 
題名 Yo-kai体験部〜あかなめ現る〜 [ぽんこつ紀]
[ぽんこつ紀] の【Yo-kai体験部〜あかなめ現る〜】
[ぽんこつ紀] の【Yo-kai体験部〜あかなめ現る〜】 [ぽんこつ紀] の【Yo-kai体験部〜あかなめ現る〜】 [ぽんこつ紀] の【Yo-kai体験部〜あかなめ現る〜】

先輩のみーさんに誘われて妖怪研究サークルに入り、妖怪が出るという旅館に二人で合宿に訪れた祐市。女将さんに訊くと「うちには『あかなめ』がいるらしいの」と冗談めかして言われ、熱弁をふるいだしたみーさんから逃れるようにお風呂に行くと、不意に身体中を舐められるような感触に襲われちゃいます。敏感な胸の突起もおしりの奥も舐めつつかれ、浴槽に浸かると全身くまなくうじゅるくりゅくりゅと無数の触手でまさぐられて――。さらに浴衣をはだけさせてカチンコ同士をぴとっとくっつけたまま先輩と一緒に気持ちよくされちゃうのもご覧ください。

 
 
 
 
題名 快姦!回転!ハイテクブラシ [ぽんこつ紀]
[ぽんこつ紀] の【快姦!回転!ハイテクブラシ】
[ぽんこつ紀] の【快姦!回転!ハイテクブラシ】 [ぽんこつ紀] の【快姦!回転!ハイテクブラシ】 [ぽんこつ紀] の【快姦!回転!ハイテクブラシ】

機械に身体をもてあそばれる快感を思い出すとガマンできずまた試作モニターにやってきてしまう春日。すると「今日はお友達も居るよ」と言われ見せられたのは同級生の冬馬が全身をわっしゃわっしゃされて喘ぎ悶えている姿で、ぴんぴんの先っぽをギュルルッと回転ブラシで責め立てられ達してしまうのを見てはもう――。二人同時に腋や内ももや胸の突起をまさぐられ、おしりから若種袋にかけての縫い目をババババババとめちゃくちゃにくすぐられて身体をのけぞらせ、お互いのかちんこちん同士がぴとっとくっついたままブラシでダメにされちゃうのをぜひ。

 
 
 
 
題名 快奇!サワサワお化けマッサージ [ぽんこつ紀]
[ぽんこつ紀] の【快奇!サワサワお化けマッサージ】
[ぽんこつ紀] の【快奇!サワサワお化けマッサージ】 [ぽんこつ紀] の【快奇!サワサワお化けマッサージ】 [ぽんこつ紀] の【快奇!サワサワお化けマッサージ】

「やめなよそこ、お墓の上だろ」と咎めるのもかまわずどかりと座り、「おーいお化け!ビビらせてみろよ」と調子に乗る少年。すると首筋を何かが触れたような気がして虫かと思うものの、今度は背筋をつうっ…となぞられ、腋をこちょこちょされて――。その尋常ならざる様子に友人たちは怯えて逃げてしまい、一人残された少年は無数の手に身体中をまさぐられくすぐられまくるのをご覧ください。すぼんだ入り口をペロペロにゅるにゅるとねぶられ、ぐぱぁ…といやらしく割れ目を開かせた触手にぐじゅる…じゅぽんvと包み込まれて搾り取られちゃいます。

 
 
 
 
題名 快姦!ハイテクMチェアー [ぽんこつ紀]
[ぽんこつ紀] の【快姦!ハイテクMチェアー】
[ぽんこつ紀] の【快姦!ハイテクMチェアー】 [ぽんこつ紀] の【快姦!ハイテクMチェアー】 [ぽんこつ紀] の【快姦!ハイテクMチェアー】

入浴剤と最新設備のモニターのはずが洗浄ブラシでわしゃわしゃされたりしてひどい目に遭い、しかしそれがクセになって――。再び研究機関にやって来た少年はドキドキしつつ新型チェアに腰を下ろすと、手首と太ももをガッションと固定されアームで全身をこちょこちょぬりゅぬりゅされちゃいます。さらに小さなブラシで恥穴をシャババババっと洗われてへにゃあ…vととろけきった顔になり、すでにかっちんちんのをブラシでサンドされて責め立てられ、もっと大きいのでめちゃくちゃにされたいとおねだりまでしてついに本物を挿れられちゃうのをどうぞ。

 
 
 
 
題名 放課後カリグラフィー [ぽんこつ紀]
[ぽんこつ紀] の【放課後カリグラフィー】
[ぽんこつ紀] の【放課後カリグラフィー】 [ぽんこつ紀] の【放課後カリグラフィー】 [ぽんこつ紀] の【放課後カリグラフィー】

居眠りしている間に腕に落書きしたお仕置きとして、筆先で後輩の木崎の首筋や鎖骨や二の腕をこちょこちょくすぐる黒松。すると木崎がだんだんとヘンな声を出し始め、胸のちっちゃな突起をわしゃわしゃと責めるともうガマンしきれない様子でかちんこちんになったのをぽろんとさらけ出し、自分からお仕置きをねだってきて――。ぴんぴんの根元をこしょこしょしたり敏感な裏側をそわ〜っとなぞったり、とろ蜜がにじむ剥けかけの先っちょをくちゅくちゅしたり。さらに先輩自身の初筆を求めてくるいじらしい後輩の中を白墨でどぷっと充たしてあげましょう。

 
 
 
 
題名 快姦!ハイテクバスタイム [ぽんこつ紀]
[ぽんこつ紀] の【快姦!ハイテクバスタイム】
[ぽんこつ紀] の【快姦!ハイテクバスタイム】 [ぽんこつ紀] の【快姦!ハイテクバスタイム】 [ぽんこつ紀] の【快姦!ハイテクバスタイム】

モニターのバイトとして怪しい研究機関の罠にハマってしまった少年。 体を拘束され洗浄ブラシで全身をくすぐられ絶叫、陰部にもブラシが…。 やめてと懇願しても機械は止まらずぬるぬるアームで全身を撫で回され、最後には自動ピストンバイブがア○ルに…、容赦ない快楽責めに遭ってしまいます。

 
 
 
 
題名 ぼくらの触手ガーデニング [ぽんこつ紀]
[ぽんこつ紀] の【ぼくらの触手ガーデニング】
[ぽんこつ紀] の【ぼくらの触手ガーデニング】 [ぽんこつ紀] の【ぼくらの触手ガーデニング】 [ぽんこつ紀] の【ぼくらの触手ガーデニング】

同級生の天野が持っていた栄養アンプルをあやまって割ってしまい、代わりに魔界の触手植物の栄養にされることになってしまった時男。触手がにゅるにゅると手足にまとわりつき、制服をはだけさせられ、ブリーフの隙間からも入り込まれてむくっと大きくなり始めちゃいます。ついに全裸に剥かれ露わになった時男のぴんぴんのを、まるで舌で舐め上げるみたいにぺろぺろしたり、頬張るようにずぷぷ…と包み込んで粘液まみれにしたり。いやらしい触手によって与えられる快感にはーっはーっと息を荒くし、内部にもぬぷっと侵入されて完全にとろけちゃいます。

 
 
 
 

inserted by FC2 system