ショタステーション^д^


っとこけ


 
 
 
 
題名 はじめての蛍丸 [もりっとこけ]
[もりっとこけ] の【はじめての蛍丸】
[もりっとこけ] の【はじめての蛍丸】 [もりっとこけ] の【はじめての蛍丸】

ショタ好きな審神者のもとに初めてやってきたのは蛍丸で、それからも続々とショタ男士が増え続けて楽園のような本丸生活を送る一方、ムラムラしっぱなしに。そんなある日、ケガをした蛍丸の手入れをするうちに打粉がちょんっと胸の突起に触れて――。ヘンな声が出ちゃったのを恥ずかしがる蛍丸についムクムクと硬くなってしまったのを「今度は俺に手入れさせて?」と取り出され、ちっちゃなお口でじゅぷっじゅぷっと頬張られてしまいます。大太刀サイズのをねぶってあげたりうぶな鞘にみちっvヌププッvとうずめたりして初めてを捧げちゃいましょう。

 
 
 
 
題名 ジェラミカ! [もりっとこけ]
[もりっとこけ] の【ジェラミカ!】
[もりっとこけ] の【ジェラミカ!】 [もりっとこけ] の【ジェラミカ!】

イサリビに乗ってからオルガとゆっくり一緒にいられずに寂しさを覚えていた三日月。そんな折、シノたちに飲まされすっかり酔いの回ったオルガをベッドにドサッと横たえると、その無防備な姿にガマンできなくなって――。不意に目を覚ました彼にギュッと抱きしめられ、トロォ…ととろけた瞳に見つめられつつヌリュニチュルと舌を絡め、いつもなら絶対に言わないようなことを囁かれながらぱんぱんに張りつめた先っぽ同士をこすりつけ合い、たくましい褐色茎をズンッズンッと奥まで突っ込まれ掻き回されてビューッビュッvと注ぎ込まれちゃう幸せをぜひ。

 
 
 
 

inserted by FC2 system