ショタステーション^д^


コツム


 
 
 
 
題名 わんこ2ひきがいる性かつっ! [コツムヂヤ]
[コツムヂヤ] の【わんこ2ひきがいる性かつっ!】
[コツムヂヤ] の【わんこ2ひきがいる性かつっ!】 [コツムヂヤ] の【わんこ2ひきがいる性かつっ!】 [コツムヂヤ] の【わんこ2ひきがいる性かつっ!】

子犬を2匹飼うことにしたおにいさん。スヤァ…と眠っている間に同人誌の原稿を進め、しばらくしてそっと様子を伺うとなんと犬耳のついた男の子になっていて――。夢に違いないと思いつつぼろんと取り出し全裸で無防備に眠る二人の口もとにそっと近づけてみるとちゅるっぢゅるっとねぶり始め、目を覚ますと半分こずつれろれろちゅぱちゅぱしてくれちゃいます。さらにおしりをぷりっぷるんっと差し出されてはもうガマンできるはずもなく、それぞれ奥までしっかりハメ込み種付け交尾しちゃいましょう。生えかけ剥けかけなわんこ少年二人の健気さをぜひ。

 
 
 
 
題名 Onakinしようよ? [コツムヂヤ]
[コツムヂヤ] の【Onakinしようよ?】
[コツムヂヤ] の【Onakinしようよ?】 [コツムヂヤ] の【Onakinしようよ?】 [コツムヂヤ] の【Onakinしようよ?】

テストがまた赤点で、見かねた幼馴染の慧に「俺が勉強教えてやるよ」と言われ、その代わり自分ですることを禁止されてしまう亮太。しかし唯一の楽しみとも言えるそれをガマンできるはずもなく、帰宅するなり学ランから着替えもせず慧を思い浮かべながらかっちんちんをシコシコし始めちゃいます。そんな亮太の気も知らずにやって来た慧はお泊まりすると言い出し、しかも一緒にお風呂に入ることに。久しぶりに見る慧の身体は思っていたよりたくましくて、それだけでもう股間を直撃されてむくっと首をもたげ――。幼馴染同士の甘々な初めての体験をぜひ。

 
 
 
 
題名 わんこのキモチ [コツムヂヤ]
[コツムヂヤ] の【わんこのキモチ】
[コツムヂヤ] の【わんこのキモチ】 [コツムヂヤ] の【わんこのキモチ】 [コツムヂヤ] の【わんこのキモチ】

飼い犬のアオの散歩をしていると、近所に住む蒼太に声をかけられて内心ドキドキしてしまう亨。それを悟られまいとアオを任せて自販機でコーラを買って戻ると、頭ゴッチンコした拍子になんとアオが蒼太の中に入ってしまい、犬耳と犬しっぽが生えていて――。とりあえず連れて帰ると服が窮屈だと言ってじたばたしながら学ランを脱ぎ始め、さらには「僕と交尾してくださいっ」と求められちゃいます。剥けきっていない発情茎をれろれろぱっくんしたり、くぱっと拡げて誘ってくる交尾穴にずっぷぬっぷとうずめたりしてしっかりとかわいがってあげましょう。

 
 
 
 
題名 RIN☆KANカ・イ・カ・ン [コツムヂヤ]
[コツムヂヤ] の【RIN☆KANカ・イ・カ・ン】
[コツムヂヤ] の【RIN☆KANカ・イ・カ・ン】 [コツムヂヤ] の【RIN☆KANカ・イ・カ・ン】 [コツムヂヤ] の【RIN☆KANカ・イ・カ・ン】

メガネに黒髪という平凡な姿から、金髪にピアスまでして同級生も一瞬誰だかわからないほどのイメチェンをした盛沢。すると中谷,多田,佐藤の3人組から熱烈な視線を浴びてしまい、体育の授業中にもかわいいやらすげぇムラムラするやら言われ、今まで相手にもされなかったこともあってうれしくなって――。体育用具室ですでに硬くなっているのをジャージ越しに押しつけられ、体操服をまくり上げられてまさぐられ、汗でムレたかっちんちんを頬張ったりねぶられたり。初めてなのに3人に代わる代わる挿れられ注ぎ込まれてやみつきになっちゃうのをぜひ。

 
 
 
 
題名 ちっちゃいケンカばんちょうさんのさいなんとか・・・ [コツムヂヤ]
[コツムヂヤ] の【ちっちゃいケンカばんちょうさんのさいなんとか・・・】
[コツムヂヤ] の【ちっちゃいケンカばんちょうさんのさいなんとか・・・】 [コツムヂヤ] の【ちっちゃいケンカばんちょうさんのさいなんとか・・・】

ケンカばかりしている市川を呼び出し、奉仕活動をさせることにした体育教師。とある教室に入ると運動部のキャプテンたちが待っていて、羽交い締めにされてもともと着崩していた学ランをはだけさせられちゃいます。ズボンを脱がされてちんまりした体格には似つかわしくないほど大きなのを取り出され、先っぽをねぶられたりローションを塗り込められた中にズブッズプッと奥までガチハメされてしまったり。涙を浮かべながらも負けず嫌いな性格で奉仕活動をがんばる裸サラシのヤンチャ少年をぜひ。体育教師相手にトローンと発情しちゃうのもかわいいです。

 
 
 
 
題名 学ランの君を想わば・・・ [コツムヂヤ]
[コツムヂヤ] の【学ランの君を想わば・・・】
[コツムヂヤ] の【学ランの君を想わば・・・】 [コツムヂヤ] の【学ランの君を想わば・・・】 [コツムヂヤ] の【学ランの君を想わば・・・】

居酒屋で定番の唯一告られた時の話をし出す遠藤。同僚たちはまたかという感じで帰って行く中、新人の久我は「ぜひ聞きたいッス」と残り、卒業の日に首にほくろがある後輩の学ラン少年から第二ボタンを求められた話を聞いてびくっとしちゃいます。遠藤の家で飲み直すことになり、もう気持ちを抑えきれなくなった久我は首のほくろを見せて――。学ランを着せられ、お互いのかっちんちんをちゅぷっとねぶったりはむはむしたり。うれしさで涙をこぼす久我に「先輩のが欲しいです…」と言われ、初めて同士でやっと一つになっちゃう甘々な先輩と後輩をぜひ。

 
 
 
 
題名 暴走後輩に欲情したっていいじゃないッ!? [コツムヂヤ]
[コツムヂヤ] の【暴走後輩に欲情したっていいじゃないッ!?】
[コツムヂヤ] の【暴走後輩に欲情したっていいじゃないッ!?】 [コツムヂヤ] の【暴走後輩に欲情したっていいじゃないッ!?】 [コツムヂヤ] の【暴走後輩に欲情したっていいじゃないッ!?】

「俺好きな人…できたから別れましょ」といきなり大紀に言われてあわあわしているうちにさよならされてしまう夢を何度も見るようになった光司。大紀に限って絶対にそんなことはないとは思いながらも、もしかしてという可能性に悶々とする光司は思いきって正直に話すことに。そんな先輩の気も知らず、夢の中でも俺のコト思って…と感激しまくりな大紀はぎゅっと抱きしめ、つぷっと太いガチンコをハメ込んでお互いの想いを改めて確認し合っちゃうのをお楽しみください。しかしそれもつかの間、夢の中に出てきた大紀の相手に似た男に声をかけられて――。

 
 
 
 
題名 鍛えてッ!!兄ちゃん [コツムヂヤ]
[コツムヂヤ] の【鍛えてッ!!兄ちゃん】
[コツムヂヤ] の【鍛えてッ!!兄ちゃん】 [コツムヂヤ] の【鍛えてッ!!兄ちゃん】 [コツムヂヤ] の【鍛えてッ!!兄ちゃん】

擦り傷を作ってばかりのやんちゃな弟の剣斗の手当てをしていると、「兄ちゃんもっと優しくしてよぉ」と文句を言われてしまいます。すると兄の尊士は「俺はいつも優しいぞ?」と言ってトランクスの中にぐっと手を突っ込み……。結局は兄の思惑通りにされてしまうことにむーっといじけちゃう、正直でかわいい弟をたっぷり愛でてあげましょう。まだ皮を剥き慣れていないかっちんかっちんを鍛えるため包帯をキツく巻き、ぢゅぷぢゅぷはぐはぐくわえっこし、でかいのをやわらかい弟穴にぴとっとあてがいつぷ…とハメ込み何度も兄汁を注ぎ込んじゃいます。

 
 
 
 
題名 かわいい学ラン弟がなついてくれると兄ちゃんがウレシイというだけの本 [コツムヂヤ]
[コツムヂヤ] の【かわいい学ラン弟がなついてくれると兄ちゃんがウレシイというだけの本】
[コツムヂヤ] の【かわいい学ラン弟がなついてくれると兄ちゃんがウレシイというだけの本】

学校帰りにリーマン兄に会いに来るなり、がばっと抱きつき学ランをはだけさせくにっと指で押し拡げて「弟くんの美味しい身体を召し上がれv」と誘ってくる鼻バン弟。自分の方がもうガマンできない様子でぐちゅっぷちゅっと指を出し挿れしながらかちんこちんの若茎をぷるぷるふるわせ、潤んだ瞳で求めてくるえっちな弟に応えないわけにはいかず、すでにがっちんちんの兄棒をいじらしい弟穴にずっぽしハメ込み、舌を絡めてぐぢるっぢゅぷっと甘い唾液を味わいぱちゅんぱちゅん腰を打ち付けていく――。逆にひくつく兄穴をねぶって挿れたがるのもぜひ。

 
 
 
 
題名 イけない!いけない!おまえじゃないと・・! [コツムヂヤ]
[コツムヂヤ] の【イけない!いけない!おまえじゃないと・・!】
[コツムヂヤ] の【イけない!いけない!おまえじゃないと・・!】 [コツムヂヤ] の【イけない!いけない!おまえじゃないと・・!】 [コツムヂヤ] の【イけない!いけない!おまえじゃないと・・!】

社会人になって二年目、念願の一人暮らしを始めたものの、親友で大学生のサトが入り浸っていて落ち着けないヨウ。すると突然とんでもない悩みを打ち明けられ、困っているサトを助けたいという気持ちが先走ってしまい――。見るだけと言っていたのにガマンできなくなったサトがぎゅっと抱きついてきて、ヨウも流されるようにしてドキドキしながら初めての体験をしちゃいます。きつきつの中に指を挿れられ、それだけでも壊れちゃいそうなのにサトの大きいのをぬぷゅぎゅむっとうずめ込まれ、一緒にどくっどくんっと迸らせる仲良しな二人をご覧ください。

 
 
 
 
題名 (続)ツンデレ先輩ともっともっとイチャラブしたいっ! [コツムヂヤ]
[コツムヂヤ] の【(続)ツンデレ先輩ともっともっとイチャラブしたいっ!】
[コツムヂヤ] の【(続)ツンデレ先輩ともっともっとイチャラブしたいっ!】 [コツムヂヤ] の【(続)ツンデレ先輩ともっともっとイチャラブしたいっ!】 [コツムヂヤ] の【(続)ツンデレ先輩ともっともっとイチャラブしたいっ!】

光司にちゅぱちゅぱ頬張られたり裏筋をチロチロ舐め上げられたりと積極的にリードされて、大きいのをますます硬くそそり勃せてしまう大紀。さらに、いつもはシャツを着たままの光司に脱いでもらい、直接触れあう肌の感触に興奮がますます昂ぶっちゃいます。その勢いで思いっきりぶっかけてみたり、後ろからずぷずぷ突き立てながらしこしこしごいてあげたり。また、夕食後もさわりっこし、お風呂でもお湯の中でごぽごぽまぐわいまくっちゃいます。何度濃厚なのを迸らせてもかっちんちんなままのを気持ちよくし合う甘々な二人をご堪能ください。

 
 
 
 
題名 ツンデレ先輩ともっとイチャラブしたいっ! [コツムヂヤ]
[コツムヂヤ] の【ツンデレ先輩ともっとイチャラブしたいっ!】
[コツムヂヤ] の【ツンデレ先輩ともっとイチャラブしたいっ!】 [コツムヂヤ] の【ツンデレ先輩ともっとイチャラブしたいっ!】 [コツムヂヤ] の【ツンデレ先輩ともっとイチャラブしたいっ!】

大好きな英先輩の中ににゅぷにゅぷとうずめ、きゅんきゅん締め付けてくるきつ穴に何度も迸らせる松永。一緒にいるだけでガマンできなくなってしまうほどなのに、そんな先輩にお泊まりを誘われては朝っぱらから期待も股間も昂ぶりまくりで――。結局家まで待ちきれずに昼休みに部室で学ランをはだけさせ、かっちんこっちんの若茎をぴとっと押し当てて身体も想いも深くつながり合っちゃいます。授業に身が入らないまま何とか授業も部活も終え、いよいよ先輩の家に初めて訪れる松永のドキドキをぜひお楽しみください。たっぷり甘々な先輩と後輩をどうぞ。

 
 
 
 
題名 暴走後輩になんか舐められちゃいられないっ [コツムヂヤ]
[コツムヂヤ] の【暴走後輩になんか舐められちゃいられないっ】
[コツムヂヤ] の【暴走後輩になんか舐められちゃいられないっ】 [コツムヂヤ] の【暴走後輩になんか舐められちゃいられないっ】 [コツムヂヤ] の【暴走後輩になんか舐められちゃいられないっ】

すぐに達してしまう後輩の松永を鍛えようとするものの、勝手に気持ちよくなって何度も中に放出されてしまう先輩の英。逆にどんどんひどくなっている気がしつつも、早くも復活した太くて硬いのを押しつけられ、抱き寄せられてくちびるをんちゅうと重ねられるとどうしても流されてしまって――。それでも大好きなセンパイに何とか合わせようと一生懸命にガマンする松永のいじらしさをぜひどうぞ。そんな松永のことが自分は本当に好きなのかどうか、そうだとしてもなかなか自分の口から「好き」と言えない英のちょっぴりもやもやした感じも初々しいです。

 
 
 
 
題名 学ラン3本詰合せ [コツムヂヤ]
[コツムヂヤ] の【学ラン3本詰合せ】
[コツムヂヤ] の【学ラン3本詰合せ】 [コツムヂヤ] の【学ラン3本詰合せ】 [コツムヂヤ] の【学ラン3本詰合せ】

決死の覚悟で鷹取先輩に告白した貴史は、なんと先輩の方から誘われて――。いきなりの展開にドキドキしながらも、学ランをはだけさせながらかちかちぴんぴんのをさわりっこしたり、先っぽをくちゅぷちゅとくっつけっこしたり。先輩のが欲しくてたまらなくなり、指で初穴をくにゅっと押し拡げて求めてくるのがえっちです。一気にオトナの階段を駆け上ってしまう学ラン少年たちをどうぞ。また、悪行を働いていると噂の男子につるつる未成熟なのをちゅぽちゅぽされてしまう風紀委員や、恋人の他に好きな人ができちゃって揺れ動く学ラン男子もぜひ。

 
 
 
 
題名 暴走後輩になんか負けちゃいられないっ [コツムヂヤ]
[コツムヂヤ] の【暴走後輩になんか負けちゃいられないっ】
[コツムヂヤ] の【暴走後輩になんか負けちゃいられないっ】 [コツムヂヤ] の【暴走後輩になんか負けちゃいられないっ】 [コツムヂヤ] の【暴走後輩になんか負けちゃいられないっ】

部活の後輩にはぁはぁと呼吸も荒く切羽詰まった様子で迫られ、制服越しにかちんこちんになっているのを押し付けられてしまう先輩。学ランをはだけさせ、すぐにでも突っ込みたいのをガマンしつつ先輩の初穴につぷっと指を挿し込んでほぐし、ついにきつきつの中へ――。きゅうきゅうと締めつけてくる感触に、もうちょっとやさしくという先輩にかまわずずむずむぐいぐいと腰を振ってしまうのをご覧ください。また、先っぽまで皮に包まれた未熟なのをくっつけっこし、にじみ出てくるぬるぬるでどんどん気持ちよくなっちゃう学ラン少年二人もかわいいです。

 
 
 
 
題名 俺の恋はStandardでいい [コツムヂヤ]
[コツムヂヤ] の【俺の恋はStandardでいい】
[コツムヂヤ] の【俺の恋はStandardでいい】 [コツムヂヤ] の【俺の恋はStandardでいい】 [コツムヂヤ] の【俺の恋はStandardでいい】

一人でお弁当を食べる田辺が気になってつい見てしまう津村。それは単に彼の箸の使い方が下手なのが原因なのか、それとも……。自分でもまだはっきりとはわからない気持ちでいるうちに、ちょっとしたきっかけから仲良くなっちゃいます。それ以上の感情を抱くようになりつつも今の関係を壊したくない津村は言い出せず、ただ彼のことを想うとかちんこちんになってしまって――。自分でおしりをくにゅくにゅといじったりもして気持ちよくなっちゃううぶな学ラン少年の恋模様は果たして。

 
 
 
 
題名 俺たちの生徒会長さまっ! [コツムヂヤ]
[コツムヂヤ] の【俺たちの生徒会長さまっ!】
[コツムヂヤ] の【俺たちの生徒会長さまっ!】 [コツムヂヤ] の【俺たちの生徒会長さまっ!】

正義感が強く生徒たちからも人気の生徒会長、将大が幼馴染の悠正に呼ばれて急いで向かうと、西野と福井がまたケンカをしていて……。その原因が自分にあるとわかり、授業が始まる前に解決しようと2人同時に相手をすることに。お口にんぶっ、おしりにずぷっと挿れられ注ぎ込まれてしまう生徒会長をご覧ください。実は将大のことが好きな悠正も、誘うようにひくひくとしているのを見てガマンできず初めての挿入。学ランをはだけさせ若茎をぴんぴんに勃ち上がらせて気持ちよくなっちゃう学ラン少年たちを存分にお楽しみいただけます。

 
 
 
 

inserted by FC2 system