ショタステーション^д^


InkStone


 
 
 
 
題名 HOPE-side story02- [InkStone]
[InkStone] の【HOPE-side story02-】
[InkStone] の【HOPE-side story02-】 [InkStone] の【HOPE-side story02-】 [InkStone] の【HOPE-side story02-】

成績優秀でスポーツ万能、教師からの信頼も厚い少年である徹を突いて突いて突きまくりたい、泡立つほど中に注ぎ込みたい――その昏い欲望をとうとう実行に移すことに。何も知らずに眠る徹の成長途中の柔らかな身体を後ろから抱き、いい匂いのするスベスベ肌を堪能しつつ耳元で「君は今からオンナノコだ」と囁いて催眠術をかけていく……。夢の中でぬめる触手に絡みつかれてくりゅくりゅもてあそばれ、現実ではぴんぴんに勃ち上がったピンク色の少年茎をじゅぷじゅぷ頬張られ、やがて眠ったまま自分でしゅこしゅこしごき始めちゃうのがたまらないです。

 
 
 
 
題名 HOPE-ACT.05 [InkStone]
[InkStone] の【HOPE-ACT.05】
[InkStone] の【HOPE-ACT.05】 [InkStone] の【HOPE-ACT.05】 [InkStone] の【HOPE-ACT.05】

剣道部の部室で徹の中にうずめ込みじゅぷvじゅぷvと淫らな音を立てながら絡みついてくる快感にたっぷりと注ぎ込む達也。すでに3回目でくにゅっと押し拡げられた徹のとろ穴からはあふれ出てきているのに、まだ満たされず発情しっぱなしで――。そんな達也が徹を守るため義父のなすがままにされてしまうのをご覧ください。目隠しをされ女の子用のかわいらしい下着を身につけさせられ、小さな布越しに男の子のしるしをまさぐられたりむわぁ…と大人の雄のニオイを放つのを頬張らされたり。ローターやおもちゃで責められたまま放置されてしまうのもぜひ。

 
 
 
 
題名 BUILD 02 [InkStone]
[InkStone] の【BUILD 02】
[InkStone] の【BUILD 02】 [InkStone] の【BUILD 02】 [InkStone] の【BUILD 02】

アイスコーヒーに薬を盛られてしまい、身体の自由がきかず同級生たちのなすがままにされてしまう西日本一のビルダー。次々に口の中に押し込められて汁まみれにされ、意に反してかっちんちんになったのを足でもてあそばれ、初めてのジョイント部へぬゅぷぷ…と無理矢理ハメ込まれてしまうのをどうぞ。また、チームメイトが貫かれてビュルッビュルッと濃厚な粒子を迸らせるのを見てガマンできずはぁ…はぁ…とアシムレイトしてしまう新米ファイターや、ライバルに電話をかけさせられながらくりゅくりゅぬぢゅぬぢゅ責め立てられちゃうのもたまりません。

 
 
 
 
題名 Ni:Communication [InkStone]
[InkStone] の【Ni:Communication】
[InkStone] の【Ni:Communication】 [InkStone] の【Ni:Communication】

お絵かきチャットで有名になり、自分の絵が認められてうれしかったはずが――。学校から帰ってくるなり学ランをはだけさせられ、悦び喘ぐ母親の淫らな声を聞かされながらトランクス越しにまさぐられ、口では否定しつつも恥ずかしいおつゆでびちゃびちゃに濡らしてしまいます。ぷりぷりつやつやの袋をくりくり揉みしだかれながら剥けかけぴんぴんのを頬張られたりしゅこしゅこしごかれたりしてびゅっるるるっと迸らせ、まだ余韻でぴくぴくしているのもかまわず太いのでぱんっぱんっぱんっと奥まで突かれ、そのたびに短い声を漏らしちゃう男の子をぜひ。

 
 
 
 
題名 Twilight [InkStone]
[InkStone] の【Twilight】
[InkStone] の【Twilight】 [InkStone] の【Twilight】 [InkStone] の【Twilight】

こんなところでしちゃいけないと思いながらも、学校の帰りに公園でかちかちぴんぴんのをいじって男の子ミルクをぴゅっぴゅっと剥けかけのから発射しちゃうユウキ。はぁっはぁっとまだ息の荒いまま余韻に浸っていると、知らないお兄さんたちにか細い手首をつかまれ――。初茎をちゅるる…ぢゅるるるぅ…と深くくわえ込まれたりれろれろと先っぽをねぶられる快感に華奢な身体をのけぞらせながらおつゆをあふれさせ、太い指でほぐされた未経験穴にお兄さんの熱くて硬いのをぶち込まれてオラッオラッと激しく突きまくられて完全にとろけきっちゃいます。

 
 
 
 
題名 HOPE-ACT.00 [InkStone]
[InkStone] の【HOPE-ACT.00】
[InkStone] の【HOPE-ACT.00】 [InkStone] の【HOPE-ACT.00】 [InkStone] の【HOPE-ACT.00】

ぬっちゅぬっちゅぬっぽぬっぽと濡れた音を立てながら義父に執拗に出し挿れされ、内奥に注ぎ込まれるのと同時に半剥けかちんこちんのからびゅっびゅっと迸らせてしまう徹。悦楽の余韻に華奢な身体をふるわせながら、その耳元で「あの子のことは忘れなさい」と囁かれて――。そんな彼を訪ねた達也もまた快楽へと取り込まれ、かわいい服を着せられ、徹にローションを塗り込められてぬぽっと初穴に挿り込まれちゃいます。自分でもちゃんと触れたことがないところを、発情しきった幼馴染にこすっこすっとされて悶えちゃうのがたまりません。

 
 
 
 
題名 BUILD 01 [InkStone]
[InkStone] の【BUILD 01】
[InkStone] の【BUILD 01】 [InkStone] の【BUILD 01】 [InkStone] の【BUILD 01】

訓練と称して未成熟な身体にエプロンだけを身に付けさせられたセイが、ラルさんに何時間も胸の突起をくりっくりっくりゅくりゅとされてすっかりとろとろに。ずっとぴんぴんになっていた剥けかけのを太い指でにゅちゅっにゅちゅっと激しくこすられ、びゅるゅびゅるるるっとホワイト塗料を迸らせちゃうのをご堪能ください。さらにラルさんの訓練は続き、初穴にロックオンされて――。また、催眠術で記憶を引き出され、スイッチが入ってしまったセイに迫られマオも加わってアーリージーニアスなところをちゅぽちゅぽされちゃうニルスもたまらないです。

 
 
 
 
題名 ぬれぬれアイチくんのイケナイ文化祭 [InkStone]
[InkStone] の【ぬれぬれアイチくんのイケナイ文化祭】
[InkStone] の【ぬれぬれアイチくんのイケナイ文化祭】 [InkStone] の【ぬれぬれアイチくんのイケナイ文化祭】 [InkStone] の【ぬれぬれアイチくんのイケナイ文化祭】

文化祭で元クラスメートたちに捕まり、おもちゃをくくりつけられてぴんぴんのを足でもてあそばれ、久しぶりの雄の匂いに発情してしまうアイチ。両手でしごきつつ一生懸命にぺろぺろして口の中も髪の毛もべとべとどろどろにされ、否定しながらも本当は快楽がしっかりと刻み込まれた身体が悦びにふるえていて――。誘うかのようにひくつく淫穴にずっぽしと挿入されてたっぷりと注入され、ちゅぽんっと引き抜かれてふ〜っふ〜っとますます息を荒くしたり、代わる代わるぬぽぬぽされて剥けきっていないのからびゅるびゅると迸らせ堕ちていく様をどうぞ。

 
 
 
 
題名 ソウタきゅんのうすいほん1+2 [InkStone]
[InkStone] の【ソウタきゅんのうすいほん1+2】
[InkStone] の【ソウタきゅんのうすいほん1+2】 [InkStone] の【ソウタきゅんのうすいほん1+2】

浴衣姿で綿あめをぱくぱくしていると知らないお兄さんに声をかけられたソウタ。浴衣をはだけさせられ、ちっちゃなおしりをかき分けるようにして指を挿れられてしまったり、つるつるぴんぴんのシフトレバーにちゅぱちゅぱじゅる〜じゅる〜と吸いつかれて快感にとろけてしまったり。濃厚な白濁オイルをかわいい顔にぶっかけられたりも。また、とろんとして熱っぽい瞳を息吹に向け、はぁはぁと熱い吐息を混じらせながら求めてくるのもそれだけで超速変形確実。お口でちゅるちゅると丹念に整備してもらい、思う存分ファイナルバーストしちゃいましょう。

 
 
 
 
題名 HOPE-ACT.04 [InkStone]
[InkStone] の【HOPE-ACT.04】
[InkStone] の【HOPE-ACT.04】 [InkStone] の【HOPE-ACT.04】 [InkStone] の【HOPE-ACT.04】

徹の義父のビキビキと張りつめた屹立をむりやり挿入され、ぬっぷぬっぷぢゅぷぢゅぷと貫かれて涙をこぼしながら快感を覚えてしまう達也。未成熟な身体に染みこんでしまったその悦楽に、いくら抗おうとしても耐えきれずに求めてしまい、ついには自分からおねだりしてしまうほどになっちゃいます。太いので内部をこすり上げられながら剥けかけのをにゅちにゅちぐにぐにともてあそばれ、さらには徹と共にかわいい女の子の格好をさせられ見知らぬ男たちに止めどない快楽を与え続けられてどろどろにまみれながら堕ちていくのをご堪能ください。

 
 
 
 
題名 HOPE-ACT.03 [InkStone]
[InkStone] の【HOPE-ACT.03】
[InkStone] の【HOPE-ACT.03】 [InkStone] の【HOPE-ACT.03】 [InkStone] の【HOPE-ACT.03】

達也が他校との練習試合のため、しばらくの間一緒にいられなくなってしまった徹。いつもは学校帰りに彼と発散する欲求が溜まりまくり、ぴんぴんになって収まらないのをやむなくひとりでしこしこぬちゅぬちゅ。さらに太いのを自分で挿入したり、内からはおもちゃ、外からは電マで刺激して快感をむさぼっちゃいます。しかしそれだけで満たされるはずもなく、ついには義父にはしたなく求めてしまうのをご覧ください。とことん悦楽に堕ちていっちゃいます。

 
 
 
 
題名 HOPE-side story- [InkStone]
[InkStone] の【HOPE-side story-】
[InkStone] の【HOPE-side story-】 [InkStone] の【HOPE-side story-】 [InkStone] の【HOPE-side story-】

先生の大きくてたくましい剛直をドキドキしながらくわえちゃう徹。女の子の制服を着て、こんなにもイケナイことをしてるという背徳感にますます興奮が高まってしまいます。ちっちゃな下着の中でぴんぴんに勃ち上がってしまってるのを電マでぶいんぶいん責め立てられちゃうのもお見逃しなく。いやらしい先生に与えられる激しい快楽によって、かわいい女装少年が華奢なからだをのけぞらせちゃうのをどうぞご堪能ください。

 
 
 
 
題名 HOPE [InkStone]
[InkStone] の【HOPE】
[InkStone] の【HOPE】 [InkStone] の【HOPE】 [InkStone] の【HOPE】

放課後の教室や体育倉庫など、ところかまわず達也に求められ、甘くて幸福に満ちた日々を過ごす徹。しかし、義父の手によって達也が捕らえられ、はずかしめられ堕ちていく──。それを知りながら、徹は果たして何を想うのか。袴姿の華奢な剣道少年がもてあそばれてゆく様をじっくりとどうぞ。

 
 
 
 
題名 HOPE-ACT.02 [InkStone]
[InkStone] の【HOPE-ACT.02】
[InkStone] の【HOPE-ACT.02】 [InkStone] の【HOPE-ACT.02】 [InkStone] の【HOPE-ACT.02】

パパにさわってもらったところがジンジンと疼いて、もっとさわって欲しくておねだりしちゃう徹。体内を指でかき回されながら剥けかけの昂ぶりをしごかれて、その快感に華奢なからだをのけぞらせてしまいます。さらに隣家に引っ越してきた少年、達也も男たちによって悦楽の虜へと堕ちてゆく──。女装させられたふたりがまぐわい切なく求めあうのも必見です。

 
 
 
 
題名 アイチくんシンドローム [InkStone]
[InkStone] の【アイチくんシンドローム】
[InkStone] の【アイチくんシンドローム】 [InkStone] の【アイチくんシンドローム】 [InkStone] の【アイチくんシンドローム】

いけないことだとわかっていながらも、櫂のことを想いながら慰め、えっちな声を漏らしちゃうアイチがかわいいです。剥けきっていないぴんぴんの先っぽを指先でくにくにこりゅこりゅといじったり、いやらしくひくつくとろとろの恥穴に指を挿れてみたり。さらにはセーラー服を着たまま男ふたりにはずかしめられたりもしちゃいます。

 
 
 
 
題名 Riot-REMIX- [InkStone]
[InkStone] の【Riot-REMIX-】
[InkStone] の【Riot-REMIX-】 [InkStone] の【Riot-REMIX-】 [InkStone] の【Riot-REMIX-】

大切なカードを取られ、取り戻すために屈辱的な行為をさせられる硯。自分をいじめる男子生徒たちのを頬張り、口の中に出され、しごかれながらはずかしいことを言わされ……。電マやローターで敏感なところを責め立てられ、何度達しても許されることなく快楽と絶望に堕ちていく様をぜひ。

 
 
 
 
題名 少年に女装させていじめてみた [InkStone]
[InkStone] の【少年に女装させていじめてみた】
[InkStone] の【少年に女装させていじめてみた】 [InkStone] の【少年に女装させていじめてみた】 [InkStone] の【少年に女装させていじめてみた】

女子の制服を着て現れた幼馴染の達也に、ついに自らの気持ちを打ち明けた徹。スカートの中でぴんぴんとろとろになっている達也の先っぽをいじくりまわしたり、おいしそうにねぶったりしちゃいます。ちょっぴり切ないお話と共にふたりのえっちな姿をどうぞ。

 
 
 
 
題名 それは、在りし日のきやく [InkStone]
[InkStone] の【それは、在りし日のきやく】
[InkStone] の【それは、在りし日のきやく】 [InkStone] の【それは、在りし日のきやく】 [InkStone] の【それは、在りし日のきやく】

ある夜、上級生たちにもてあそばれている友達の姿を不意に目撃し、昼間とは異なるその様に興奮してしまう──。それからというもの、彼に対する複雑な想いが募り始めて……。また、南蛮渡来の媚薬で目隠しをされたままとろとろになってしまうのも淫らで必見です。

 
 
 
 
題名 そっと、ささやくように [InkStone]
[InkStone] の【そっと、ささやくように】
[InkStone] の【そっと、ささやくように】 [InkStone] の【そっと、ささやくように】 [InkStone] の【そっと、ささやくように】

白の戦士がふと漏らした言葉。それが意味することに思い巡らせ、そして彼への想いを募らせて眠りにつけない硯は──。真面目な百瀬に恥ずかしそうに迫る硯の健気さがたまらないです。また、かわいいダンやまゐ、クラッキーたちがいっぱいのカレンダーもお楽しみください。

 
 
 
 
題名 アイチくんシンドロームif... [InkStone]
[InkStone] の【アイチくんシンドロームif...】
[InkStone] の【アイチくんシンドロームif...】 [InkStone] の【アイチくんシンドロームif...】 [InkStone] の【アイチくんシンドロームif...】

両手を縛られて吊されたまま、見知らぬおじさんにねっとりと口内を味わわれ、かわいい下着の中でふくらみ始めてしまったところをくちゅくちゅくにくにされちゃいます。やめてと懇願しても聞き入れてもらえずはずもなく、ぴんと硬く勃ち上がった先っぽをしごかれて――。また、バニーの格好でぬるぬるねちょねちょの触手に一斉に責められ粘液まみれになってしまうのもたまらないです。

 
 
 
 
題名 SUNSET Dear*Lovers [InkStone]
[InkStone] の【 SUNSET Dear*Lovers】
[InkStone] の【 SUNSET Dear*Lovers】 [InkStone] の【 SUNSET Dear*Lovers】

櫂の部屋に連れてこられ、よごれたセーラー服から彼の服に着替えるアイチ。ちょっとシャツが大きめのアイチがかわいいです。櫂は自制心を働かせようとするも、頬を紅潮させて切なく求めてくるアイチに耐えきれず……。濡れたとろ穴を指で掻き回され、ぱちゅんぱちゅんと太いのを奥深くまで挿れられて淫らにあえぎ悶えちゃうのをご覧いただけます。親指で敏感な先っぽをいじられて勢いよく出しちゃうのもぜひ。

 
 
 
 

inserted by FC2 system