ショタステーション^д^


ドラム


 
 
 
 
題名 abnormal/非日常[ドラム缶]
[ドラム缶] の【abnormal/非日常】
[ドラム缶] の【abnormal/非日常】 [ドラム缶] の【abnormal/非日常】

宅配の小包を受け取るやいなや自室に駆け込み、ドキドキしながら取り出したのはジョックストラップ。成長途中のふくらみを包み込むその感触に昂ぶってなかなか寝付けず、遅刻しかけてそれをはいたまま学校に来てしまった挙げ句に次の授業が体育で――。ピンチに陥った学ラン少年の運命は果たして。また、修学旅行でクラスメイトたちがすぐそばで眠る中、ガマンできずに浴衣をはだけさせて剥けかけかちんこちんを握りしめて微かな声を漏らしちゃう男の子や、夜の公園でトランクス1枚になり、アブノーマルな興奮にテントを張っちゃう露出少年もぜひ。

 
 
 
 
題名 直情真気(チョクジョウシンキ)[ドラム缶]
[ドラム缶] の【直情真気(チョクジョウシンキ)】
[ドラム缶] の【直情真気(チョクジョウシンキ)】 [ドラム缶] の【直情真気(チョクジョウシンキ)】 [ドラム缶] の【直情真気(チョクジョウシンキ)】

学校帰りに銭湯に寄り、学ランを脱いで一番風呂を楽しむ少年。風呂上がりに腰に手をやり牛乳を一気に飲み干した後、目を向けるのは「学割マッサージ」の文字で――。マッサージ台にうつ伏せになって全身を揉みほぐされていくうちに、その手はタオル一枚かけただけのぷりっとしたおしりに。ぐっぐっぐむっと揉みしだかれ、ついに親指をヌプ…と挿れられ奥をぐりっぐりっぐりっと押されてあっんっうっと声を漏らしちゃいます。仰向けになると剥けかけのがかっちんちんで、泡だらけにされるオプションでさらに気持ちよくなってしまうのをご覧ください。

 
 
 
 
題名 軽挙妄動(ケイキョモウドウ)[ドラム缶]
[ドラム缶] の【軽挙妄動(ケイキョモウドウ)】
[ドラム缶] の【軽挙妄動(ケイキョモウドウ)】 [ドラム缶] の【軽挙妄動(ケイキョモウドウ)】 [ドラム缶] の【軽挙妄動(ケイキョモウドウ)】

新作ゲームが欲しいもののお小遣いでは足りず、ガマンするしかないと思っていた椋平。すると怪しげなスカウトマンに声をかけられ、甘い言葉に「…じゃあ話、聞くだけなら」と乗ってしまいます。スタジオでチェック柄のトラックス姿になり、撮影されながらインタビューをされるうちにちょっぴり恥ずかしい質問までされたりも。さらにはマッサージと言ってスタッフに肩をもみもみされ、華奢でやわらかい太ももをつつーっとなぞられ、内もものギリギリのところまでまさぐられて――。カメラで撮られながら未成熟な身体をいじくられちゃう椋平は果たして。

 
 
 
 
題名 意気衝天(イキショウテン)[ドラム缶]
[ドラム缶] の【意気衝天(イキショウテン)】
[ドラム缶] の【意気衝天(イキショウテン)】 [ドラム缶] の【意気衝天(イキショウテン)】 [ドラム缶] の【意気衝天(イキショウテン)】

えっちなビデオを観ようといきなりコウヘイに持ちかけるカズキ。姉の部屋で見つけたというそれを鑑賞しつつ、実はお互いにビデオよりも相手の方が気になっているのにそれを知られたくなくて――。すっかりぴんぴんになっているのを見せつけ合ったり、ズボンを脱いでトランクス1枚になったりして挑発合戦をする二人。すると不意にカズキに剥けかけのを取り出されてしゅっしゅしこしこされ、さらにははむっとくわえられじゅぽじゅぽされてたまらずにびゅーっと迸らせちゃいます。なかなか素直になれないかわいいしょたっこたちのお話をご堪能ください。

 
 
 
 
題名 ダイキくんとユウタくん。【上】[ドラム缶]
[ドラム缶] の【ダイキくんとユウタくん。【上】】
[ドラム缶] の【ダイキくんとユウタくん。【上】】 [ドラム缶] の【ダイキくんとユウタくん。【上】】 [ドラム缶] の【ダイキくんとユウタくん。【上】】

幼馴染でずっと同じ学校、同じクラスのダイキとユウタ。ただ普通の幼馴染と少し違うのは、鼻絆創膏がやんちゃっぽさをさらに増しているダイキをユウタが好きであること、そして何かにつけてダイキがいやらしい行為を強いてくることで――。その日も勉強するためとユウタの家にやって来たダイキが学ランを脱いでトランクス姿になり、それを見てぴんぴんになってしまった半剥けのをしごいてきちゃいます。お返しにダイキのかちんこちんのを気持ちよくしてあげましょう。そんな2人のちょっぴり特別な関係がどうなっていくのか、ぜひご覧ください。

 
 
 
 
題名 閑話休題0.8(カンワキュウダイ0.8)[ドラム缶]
[ドラム缶] の【閑話休題0.8(カンワキュウダイ0.8)】
[ドラム缶] の【閑話休題0.8(カンワキュウダイ0.8)】 [ドラム缶] の【閑話休題0.8(カンワキュウダイ0.8)】 [ドラム缶] の【閑話休題0.8(カンワキュウダイ0.8)】

夏休みも終わりにさしかかった頃、旅行から帰ってきて久しぶりにダイキと会ったユウタ。瞬く間に開封したおみやげのチョコを頬張りながら、ダイキはユウタに突然の質問を投げかけ……。それが何かをよく知らなかったダイキに教えてあげることになってしまったユウタのドキドキをぜひお楽しみください。ブリーフの上からさわさわもみもみされ、ぷるんと飛び出した未成熟な先っぽをいじられながらしこしこされて初めての発射をしちゃう芳ばしい日焼け少年をぜひ。

 
 
 
 
題名 アラシくんとケイイチくん。[ドラム缶]
[ドラム缶] の【アラシくんとケイイチくん。】
[ドラム缶] の【アラシくんとケイイチくん。】 [ドラム缶] の【アラシくんとケイイチくん。】 [ドラム缶] の【アラシくんとケイイチくん。】

陸上部のエースで男女問わず人気のあるアラシ。そんな彼が体育の授業後になぜか体育倉庫に向かうのを見かけたケイイチは、何気なく後を追ってみると――。体操服のズボンの中でぴんぴんになっている状態のアラシと思いがけず体育倉庫の中でふたりきりになってしまったケイイチは、果たしてガマンすることができるのか。先っちょがちょっぴり見えかけのをかちんこちんにして、恥ずかしそうに顔を赤くしながら必死に訴えてくるアラシがかわいすぎてたまりません。

 
 
 
 
題名 閑話休題・改(カンワキュウダイ・アラタメ)[ドラム缶]
[ドラム缶] の【閑話休題・改(カンワキュウダイ・アラタメ)】
[ドラム缶] の【閑話休題・改(カンワキュウダイ・アラタメ)】 [ドラム缶] の【閑話休題・改(カンワキュウダイ・アラタメ)】 [ドラム缶] の【閑話休題・改(カンワキュウダイ・アラタメ)】

夏休みの宿題に追われながらも、ダイキはがんばったご褒美として気持ちいいことをユウタに求めちゃいます。口では拒みつつ、しかしユウタもズボンの中でぴんぴんになってしまっていて……。パンツの上からにぎにぎしたり、半剥けのをくわえ合って競走し合ったりする幼なじみの男の子たちをお楽しみください。制服姿や浴衣姿もかわいいです。

 
 
 
 
題名 閑話休題(カンワキュウダイ)[ドラム缶]
[ドラム缶] の【閑話休題(カンワキュウダイ)】
[ドラム缶] の【閑話休題(カンワキュウダイ)】 [ドラム缶] の【閑話休題(カンワキュウダイ)】

夏休みの宿題を一緒にしようとユウタの家にやってきたダイキ。ダイキがまるで自分の家にいるかのように涼しい格好になっただけでもドキドキしっぱなしなのに、えっちな本を見つけられて前をふくらませられてはいよいよ大変なことに──。やんちゃ&眼鏡の半剥け少年ふたりを存分にご堪能ください。

 
 
 
 

inserted by FC2 system