ショタステーション^д^


CHIN-UP


 
 
 
 
題名 BAE![CHIN-UP]
[CHIN-UP] の【BAE!】
[CHIN-UP] の【BAE!】 [CHIN-UP] の【BAE!】 [CHIN-UP] の【BAE!】

きっかけは5年前、ハルの家に泊まった時。同じ布団にもぐり込んで楽しそうなハルに自分でしているか突然訊かれ、さらに「今から一緒にしようぜぇ」と言われて未成熟なしるしのさわりっこになっちゃいます。それをきっかけに頻繁にいじり合うようになり、今では下校後にずちゅっずちゅっとえっちな音を立ててまぐわう仲に。しかしずっと前から彼に想いを抱いていたしゅうは、ハルにとっては単なる惰性で相手は誰でもいいんじゃないかと不安になって――。学校のトイレの個室で学ランをはだけさせながら気持ちを確かめあういじらしい幼馴染同士をぜひ。

 
 
 
 
題名 おやすみ、ジズくん。[CHIN-UP]
[CHIN-UP] の【おやすみ、ジズくん。】
[CHIN-UP] の【おやすみ、ジズくん。】 [CHIN-UP] の【おやすみ、ジズくん。】 [CHIN-UP] の【おやすみ、ジズくん。】

しっぽをピクッとさせながら未成熟なのをくちゅくちゅとしごいていたジズ。するとそこへ先生が現れ、後ろから抱きかかえられて薄い胸の突起をまさぐられ、ぐっと皮を剥き下ろされ露わになった敏感な果実をペロペロぢゅ〜っvとされちゃいます。その快感に艶めいた声を上げ、目の前にぼろんっと差し出すとんっんっふっんっと鼻から息を漏らしながら一生懸命におしゃぶりしてくれるのがたまりません。そんないじらしいジズの淡く色づいた狭い入り口をとろかしほぐし、奥まで深く満たして華奢な身体をゆさゆさ突き上げ気持ちよくしてあげちゃいましょう。

 
 
 
 
題名 ぼくのオオカミ少年[CHIN-UP]
[CHIN-UP] の【ぼくのオオカミ少年】
[CHIN-UP] の【ぼくのオオカミ少年】 [CHIN-UP] の【ぼくのオオカミ少年】 [CHIN-UP] の【ぼくのオオカミ少年】

満月を見てしまった義幸がオオカミ男に変身し、窓から入ってくるなりベルトを緩められぢゅるっぢゅるっぢゅぱっとしゃぶられちゃうおっくん。発情しきった顔で一心不乱にねぶる親友に、しかも変身がとければその間の記憶も消えてしまうことに背徳感を覚えながらも、今日まで、今日までだから!と自分に言い聞かせて獣毛に薄く覆われた成長途中の身体を慰めていくのをご堪能ください。かちかちの若オスをれろーっと舐めてあげると涙を浮かべてふーっふーっと息を荒くし、本能のままに快楽をむさぼりビュッビュッと迸らせる義幸が切なくもかわいいです。

 
 
 
 
題名 幼馴染とどこでセックスするかについて。[CHIN-UP]
[CHIN-UP] の【幼馴染とどこでセックスするかについて。】
[CHIN-UP] の【幼馴染とどこでセックスするかについて。】 [CHIN-UP] の【幼馴染とどこでセックスするかについて。】 [CHIN-UP] の【幼馴染とどこでセックスするかについて。】

自宅では母親の邪魔が入ったりして幼馴染の礼と思うようにできず、太陽がふと思いついたのは秘密基地にしていた使っていない山小屋。何年も経っているのに昔のままの雰囲気に懐かしさを覚えながら、「なぁ礼くん、しよv」とかわいく求めちゃいます。くちびるをちゅーっと吸い合い、ぬるっと舌を絡ませるうちに興奮してきて、学ランの中ですでにかっちんこっちんのを取り出しちゅっちゅっとついばんだりべろーっと先っぽを舐め回したり。礼のでぬぽっぬぽっぬぽっと浅いところをこすられてあえぎ、奥も突かれて涙を浮かべながらとろけちゃいます。

 
 
 
 
題名 くすぐり+[CHIN-UP]
[CHIN-UP] の【くすぐり+】
[CHIN-UP] の【くすぐり+】 [CHIN-UP] の【くすぐり+】 [CHIN-UP] の【くすぐり+】

思いっきりくすぐったがっているのに「オレどっちかっつうとくすぐったくねぇ方だし」などと強がる俊をスス…と指先でなぞったりこちょこちょしたりしてついにくすぐったがりであることを認めさせた草介。さらに手首を縛り上げて自由に動けないようにすると、その敏感肌にくちびるを這わせ裏側をれろーっとねぶり、先っぽを手のひらでにちゃっにちゃっぬちゅぬちゅと責め立てまくります。笑ったり感じたりで忙しい俊は涙を浮かべ息も荒く、もうガマンできない様子でねだってくるのがたまりません。縛ったまま抱き寄せてベッドを軋ませちゃいましょう。

 
 
 
 
題名 MISCHIEF[CHIN-UP]
[CHIN-UP] の【MISCHIEF】
[CHIN-UP] の【MISCHIEF】 [CHIN-UP] の【MISCHIEF】

同棲を始めたものの、生活リズムのすれ違いで欲求不満の鳴子が寝ている田所の太いのをはむっとくわえたりぢゅーっと吸ったりしちゃいます。その刺激に目を覚ました田所は鳴子をぎゅ〜と抱きしめ、かっちんちんのをズルッと取り出しちゅうちゅうぢゅるぢゅると舐めると……。はぁっはぁっと息を荒くしながら一人いじりばかりだった寂しがりの穴をぐいっと差し出し「はよ挿れてや」とねだってくるかわいい鳴子の中をぎっちりいっぱいにしてあげてください。奥深くまでぬぱっぬぱっと突くと「あかんてっ」と切羽詰まった顔になるのがたまらないです。

 
 
 
 
題名 乱交うっちゃり+桐火突発自分の分だけ[CHIN-UP]
[CHIN-UP] の【乱交うっちゃり+桐火突発自分の分だけ】
[CHIN-UP] の【乱交うっちゃり+桐火突発自分の分だけ】 [CHIN-UP] の【乱交うっちゃり+桐火突発自分の分だけ】 [CHIN-UP] の【乱交うっちゃり+桐火突発自分の分だけ】

佑真の部屋で他の部員も寝ているにも関わらず、へこんでいる小関の恥首を指先でくりくりしたりちゅ〜っと吸い出したりする蛍。ぷくっとふくらんでようやく出てきたえっちな芽をさらにもてあそびながら足の間に割り込みヌルヌルとこすりつけぬぷぷぷと挿れると、抑えきれない小関の声で千比路が目を覚まし乱入までしてきて――。そんな3人の様子に寝付けるはずもない佑真もムラムラしてガマンできず、不意に視線が交わった火ノ丸にぎゅううっと抱きつきごそごそまさぐり始めちゃうのをお楽しみください。エロい話が苦手な学ラン火ノ丸もかわいいです。

 
 
 
 
題名 こわがり俊くん[CHIN-UP]
[CHIN-UP] の【こわがり俊くん】
[CHIN-UP] の【こわがり俊くん】 [CHIN-UP] の【こわがり俊くん】 [CHIN-UP] の【こわがり俊くん】

宿題そっちのけで借りたえっちな本を見ようとしたところ、出てきたのは心霊写真の本。幽霊が苦手な俊は恐がりスイッチが入ってしまい、草介が帰ろうとするとひしっと抱きついてきて引き止められちゃいます。ボクサーブリーフの上からくにゅくにゅと揉んでいると熱っぽい表情になってきて、さらに胸のかわいらしい突起をぢゅるっぢゅるっと吸い立てたり、ぐりんっとひっくり返して舌と指でとろかしほぐしたり。涙を浮かべ鼻水を垂らしつつ「早くっ…」と求めてくる俊に自分で腰を落とさせ、ぐぱっぐぱっと奥まで突いて怖いのを忘れさせてあげましょう。

 
 
 
 
題名 はじめての[CHIN-UP]
[CHIN-UP] の【はじめての】
[CHIN-UP] の【はじめての】 [CHIN-UP] の【はじめての】 [CHIN-UP] の【はじめての】

ちゅっちゅっと裏側をねぶり吸い立てていた草介にぐいっとおしりを押し拡げられ、あわあわと慌てる俊。変になるからやめろと言っても聞き入れてもらえず、人差し指をぬぷぷっと挿し込まれて小柄な身体をふるわせちゃうのをご覧ください。さらに、買っちゃったというおもちゃをぐぷぷぬぷぷと挿れられ、あまりの異物感にふーっふーっふーっと荒い息をする俊にガマンできなくなり……。ついに初めて一つにつながり、ずちゅっずちゅっと突いてみたり俊に自分で動かせてみたり。きつい初穴に太い若雄茎がぬぱっぬぱっぬぱっと出入りするのがえっちです。

 
 
 
 
題名 Borderline[CHIN-UP]
[CHIN-UP] の【Borderline】
[CHIN-UP] の【Borderline】 [CHIN-UP] の【Borderline】 [CHIN-UP] の【Borderline】

草介に自分でしているかいきなり訊かれ、さらには見たいと言われてしまう俊。顔を赤くしながら「見せるわけねぇだろ!!」と拒むと、草介は「じゃあ見て」と言ってゴソゴソ取り出し――。しかもただ見るだけではなく手でしてあげることになり、でかくて硬いのをぬちっぬちっとしごくうちに自分のも勃ち上がってしまい、そのかちかちぴんぴんを草介にしごかれて涙を浮かべながらたまらずびゅるっびゅっびゅっと迸らせる俊がかわいいです。さらに達したばかりのを草介のと一緒にぬちゅっぬちゅっとこすり合わされ、あっあっんあっと喘いじゃうのをぜひ。

]
 
 
 
 

inserted by FC2 system