ショタステーション^д^


間。


 
 
 
 
題名 かわいくない。 [ 間。 ]
[間。] の【かわいくない。】
[間。] の【かわいくない。】 [間。] の【かわいくない。】 [間。] の【かわいくない。】

幼馴染のみっちんが最近は勉強で遊んでくれなくなって、しかも背まで伸びて「頭悪うとモテへんよお?」とまさに上から目線で言われて涙目のしょーちゃん。そんなみっちんが不意に家にやって来て、学生ズボンの前を押さえながら「なんか変なんやけど!?」と泣きじゃくられて――。剥けかけをにゅちくちゅしごかせたり、ぎゅっと握って「あっあっああなんかでそ…っ」と初射に導いてあげましょう。さらに太ももに挟ませてばちゅばちゅと淫らな音を立てて一緒に気持ちよくなっちゃう、可愛げがないところも可愛い幼馴染とのドキドキ体験がたまらないです。

 
 
 
 
題名 『あったかいひ。』 [ 間。 ]
[間。] の【『あったかいひ。』】
[間。] の【『あったかいひ。』】 [間。] の【『あったかいひ。』】 [間。] の【『あったかいひ。』】

買い物につきあってほしいとしゅんに頼まれ、それはもうデート、紛れもないデートだということでほくほく顔の智也。すると「ちょっとこのへんで待ってて!」と一人残され、しばらくして戻ってきたしゅんにちゃんと待っていたご褒美として公衆トイレの個室に連れ込まれて――。ジィーッとファスナーを下ろしてすでにガチガチの兄棒をぱくっくぽくぽちゅぷちゅぷと咥え込んだり、先っぽの穴を吸い立てたりする積極的なしゅんがかわいいです。そんな弟の小さなおしりを押し拡げ、ひくついているおねだり穴に猛りきったのを全部うずめ込んじゃいましょう。

 
 
 
 
題名 『はんこうき。』 [ 間。 ]
[間。] の【『はんこうき。』】
[間。] の【『はんこうき。』】 [間。] の【『はんこうき。』】 [間。] の【『はんこうき。』】

弟のしゅんがパパにはいつも通り優しいのに、自分にだけ冷たくなったように感じて反抗期になってしまったとしょんぼりの智也。悩んでいても仕方ないと思い直し、直接聞いてみようとしゅんの部屋に突入するといきなり後ろから目隠しをされちゃいます。さらに「兄ちゃんじっとしてて」と言われて後ろ手に縛られ、羽根の先で敏感なところをあちこちこしょこしょされて――。パンツからブルッと取り出されたガチンコの先っぽやくびれにももどかしい刺激を与えられ、ますますいきり勃った兄棒に跨がりスリスリと股ぐらをこすりつけるしゅんの真意とは……。

 
 
 
 
題名 『せいちょうき。』番外編CG集 [ 間。 ]
[間。] の【『せいちょうき。』番外編CG集】
[間。] の【『せいちょうき。』番外編CG集】 [間。] の【『せいちょうき。』番外編CG集】 [間。] の【『せいちょうき。』番外編CG集】

ゲームしてばかりの兄ちゃんに「ちょっとは遊んでよっ」とまとわりつき、ズボンをずり下ろしてボロンッと取り出しちゃうしゅん。「こらっしゅんやめろ!」と言うのもかまわずつかんで引っぱり、さらには涙目で「俺、兄ちゃんで遊ぶから」と宣言して――。先っぽをペロペロねぶったり、じゅぷじゅぷ頬張ったりしちゃうのをご覧ください。そうなればもう兄ちゃんもゲームどころではなくなり、しゅんのむっちりなめらかな極上の太ももに挟んでパンッパンッと腰を打ちつけ、にゅるんっにゅこっにちゅっとえっちな音を立てながら気持ちよくなっちゃいます。

 
 
 
 
題名 『いちだいじ。』 [ 間。 ]
[間。] の【『いちだいじ。』】
[間。] の【『いちだいじ。』】 [間。] の【『いちだいじ。』】 [間。] の【『いちだいじ。』】

帰宅した弟のしゅんがただいまも言わず、作っていた炒飯もいらないと言って自分の部屋にそそくさと入っていったのを訝しむ智也。もしやと思いドア越しに聞き耳を立てていると、そのすぐ向こうで学ランをはだけさせパンツの中ですでにドロドロになっちゃってる剥けかけのをプルッと取り出し、あvはぁvと小さく声を漏らしながらくちっぬちゅっとしごき始めたようで、そんなお取り込み中にあえてノックして間髪入れずにドアを開けると――。隠していたヒミツを知られてしまい涙をポロポロこぼす愛おしい弟を兄ちゃんの豊満な胸で慰めてあげてください。

 
 
 
 
題名 『せいちょうき。』 [ 間。 ]
[間。] の【『せいちょうき。』】
[間。] の【『せいちょうき。』】 [間。] の【『せいちょうき。』】 [間。] の【『せいちょうき。』】

毎日のように弟のしゅんとかっちんちん同士をくっつけ合い、一緒に気持ちよくなる智也。同時にビュルッドクドク…と迸らせ、余韻に浸ってふにゃりと惚けているしゅんがかわいいです。しかしこすりっこだけではもう満足できなくなって……。「おれ、兄ちゃんに挿れたい」と求められ、自身も初めてではあるものの兄として余裕を見せないわけにはいかず、お風呂で受け挿れ準備をしてついにその時を迎えるドキドキをぜひ。上にのしかかってフーッフーッと発情したオスになっちゃってるしゅんに胸を責められ、ほぐし穴に初茎をみちっと押し当てられて――。

 
 
 
 

inserted by FC2 system