ショタステーション^д^


Ad-Hoc


 
 
 
 
 
 
 
 
題名 さびしくないからね [Ad-Hoc]
[Ad-Hoc] の【さびしくないからね】
[Ad-Hoc] の【さびしくないからね】 [Ad-Hoc] の【さびしくないからね】 [Ad-Hoc] の【さびしくないからね】

大会前で毎日のようにやって来てはマスタークラスの常連客ともバトルをしまくって腕を磨いている和巳。そんな彼を微笑ましく眺めていた店長は、しかしその日は夜遅い時間になっても帰ろうとせず、いつものような無邪気な笑顔が消えていることが気がかりで――。自分でもどうしていいかわからず、一人でいるのが嫌だと涙ぐむ和巳の未成熟なせいいっぱいの主張をくにゅっくにゅっと優しく慰めてあげましょう。まだ覚えたばかりの快感に小さく声を漏らしながらすがるように抱きついてきて、か細い身体をふるわせる和巳の愛おしさを存分にご堪能ください。

 
 
 
 
題名 飛べない酉はただのチキンだ [Ad-Hoc]
[Ad-Hoc] の【飛べない酉はただのチキンだ】
[Ad-Hoc] の【飛べない酉はただのチキンだ】 [Ad-Hoc] の【飛べない酉はただのチキンだ】 [Ad-Hoc] の【飛べない酉はただのチキンだ】

下層階級の貴族相手にバトルに負けた上に「兄上には到底及びませんな」と蔑まれては黙っていられず、思わず胸ぐらにつかみかかるヨク。しかしもはや敗北した身であることを思い知らされることに。彼の使用人たちに群がられ、ごそ…と取り出された禍々しい肉棒を握らされ、柔らかなほっぺにもぐいっと押し付けられちゃいます。後ろ手に縛られて胸のちっちゃなぽっちにも汚らわしい雄茎をこすりつけられ、あまりの屈辱に涙を浮かべるも男たちの劣情を煽るばかりで、白くてまるくてすべすべのおしりをくぽ…と開かれついに誇り高い無垢穴を晒されて――。

 
 
 
 
題名 MISSION Y7 [Ad-Hoc]
[Ad-Hoc] の【MISSION Y7】
[Ad-Hoc] の【MISSION Y7】 [Ad-Hoc] の【MISSION Y7】 [Ad-Hoc] の【MISSION Y7】

ミッションでメイド姿でお掃除するユキオたち。ぶつぶつと文句を言いつつも綺麗にし終わったところで、スカートが気に入ってしまったらしいコータが後ろからぴたっとくっついてきて――。女の子用のパンツの中に男の子のしるしがあるという状況に興奮しぴんぴんにしたのをくっつけっこしてきちゃいます。完全にえっちなスイッチが入っちゃったコータに胸のぽっちをちゅううっと吸いつかれ、かっちんこっちんのを口に押しつけられ、ひっくり返されてぬちっと挿れられちゃうユキオをご覧ください。また、負けた反省として旦那様にご奉仕するのもぜひ。

題名 Mission Y Archive [Ad-Hoc]
[Ad-Hoc] の【Mission Y Archive】
[Ad-Hoc] の【Mission Y Archive】 [Ad-Hoc] の【Mission Y Archive】 [Ad-Hoc] の【Mission Y Archive】

知らずに精力剤を飲まされたユキオとコータ。しばらくガマンしていたものの、ついに耐えきれなくなったコータはユキオのをごそごそまさぐりぷるんっと取り出しちゃいます。ユキオもおあいことばかりにコータのを慰めようとしたところ、いきなり口の中に突っ込まれて――。その勢いで初めてを体験しちゃう二人をご堪能ください。お互いのかっちんこっちんのを頬張り合ったり、こりこりの胸の突起に先っぽをくちゅくちゅとこすりつけたりも。博士に目隠しをさせられ、太い指でほぐされ、根元までうずめ込まれて華奢な身体を揺さぶられる様もどうぞ。

 
 
 
 
題名 海に混じる日 [Ad-Hoc]
[Ad-Hoc] の【海に混じる日】
[Ad-Hoc] の【海に混じる日】 [Ad-Hoc] の【海に混じる日】 [Ad-Hoc] の【海に混じる日】

まなかとちさき、そして光を守るために、時に荒れる海神様を鎮める役目を担う要。その様を見てしまった光は、今度から俺も一緒にいてやる、ダチが一人で泣いてるのなんて見たかねえと言って譲らず――。ただよくわからないからと照れくさそうに要に指南を頼む光がかわいいです。薄い胸板を通して緊張で速まる幼馴染の鼓動を手のひらで感じ、淡いピンクのちっちゃな突起をちゅうっと愛で、制服を脱がしてふるんっと露わにした成長途上のをしなやかな指でしごき立て、打ち寄せてくる切なくも甘い快感の波に身を任せていく二人をそっとお楽しみください。

 
 
 
 
題名 すいやせんお客さん、まだ準備中でして。 [Ad-Hoc]
[Ad-Hoc] の【すいやせんお客さん、まだ準備中でして。】
[Ad-Hoc] の【すいやせんお客さん、まだ準備中でして。】 [Ad-Hoc] の【すいやせんお客さん、まだ準備中でして。】 [Ad-Hoc] の【すいやせんお客さん、まだ準備中でして。】

販売した商品にご満足いただけなかったおじさんたちに返金を迫られたものの、使用済みなら応じられないと断ったハクア。その態度がおじさんたちの怒りをより大きくしてしまい、華奢な身体を押さえつけられてはずかしめられちゃいます。それでもまだ生意気な物言いをするハクアに、おじさんたちは無理矢理口に突っ込んだり、ひくつく男の子穴にズンッと熟雄茎を根元まで挿し込んで濃厚なのをたっぷり注ぎ込んじゃうのをご堪能ください。一度ならず何度もぬっぬっぬっと腰を振られ、未成熟な身体をどろどろにされちゃいます。

 
 
 
 

inserted by FC2 system